MuleSoft

スポンサーリンク
MuleSoft

Muleフローのルーティング処理を使いこなそう

今回のテーマはルーティング。分岐とちょっと似ていますが使い方はかなり異なるので特徴を押さえておきましょう。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン用途Round Robin複数ルートを設定して、実行回数によりルーティン...
MuleSoft

2つのFor文、繰り返し処理の使い分け

今回はフロー処理の基本となる繰り返し処理について、2つにFor文を扱っていきたいと思います。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン用途For Each渡されたリストに対し、バッチサイズ単位で分割し繰り返し順次処理を行...
MuleSoft

Muleフローの分岐ChoiceとFirst Cuccessful

今回はフローでよく使うであろう分岐処理について、簡単に使い方を纏めました。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン用途Choice条件に応じてフロー分岐処理を行うFirst Successful複数の処理のうち、最初に...
MuleSoft

Transform Messageでメッセージ変換

Muleを扱う上でよく使うであろうTransform Messageについて取り上げます。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン用途Transform MessageInputに対し、形式を指定し出力する ...
MuleSoft

メインフローとサブフローの違いを理解する

これまでMuleでのフローの機能について、いくつか使い方を紹介していきました。コンポーネントの組み合わせによってフローが成り立っていきますが、実装によってはフローが長くなり、フローを分割する機会が増えるかと思います。今回はフロー分割する際...
MuleSoft

Anypoint StudioからAnypoint Platformの認証ができないときの対処法

Anypoint Studioで詰まったので、備忘として。 現象 Anypoint StudioからAnypoint Platformと接続しようとするときに認証ができないという現象が発生しました。具体的には 認証の画面...
MuleSoft

Muleのメッセージ構造を理解する(ペイロードと変数と属性)

Muleを学ぶにあたり、頻繁に使用することになるペイロードと変数について。違いと使い方を簡単にまとめてみました。 今回使うコンポーネント 今回メインで取り上げるコンポーネントは2つ。ペイロードに対する値のセットである「Set ...
MuleSoft

HTTP Listenerを集約!APIkitを使用したinterfeceファイルの作成

前回はGlobalファイルを作成して、設定情報を集約しました。今回はHTTP Listenerを1つのファイルにて集約していきたいと思います。 HTTP Listenerを集約する GlobalファイルはConfig系を集...
MuleSoft

Global Configrationファイルを作成して設定情報を集約

前回までで、Salesforceの接続と連携までを確認しました。これまでに作成した、Muleプロジェクトを整理するために、今回は設定周りを少しいじってみたいと思います。 接続情報の集約・一元管理 これまでに、HTTPやSale...
MuleSoft

MuleSoftとSalesforceの連携

前回は簡単ではありましたが、APIをSandbox環境にデプロイするところまで行きました。今回は実際にSalesforceと接続してみたいと思います。 Salesforce接続のための準備 Salesforceと接続するために...
スポンサーリンク