MuleSoft

スポンサーリンク
MuleSoft

ValidationモジュールのAllとAnyスコープの活用

Validationモジュールを使用したチェックについては前回の記事で使い方を簡単に述べました、今回はValidationを有効活用するための2つのスコープの使い方について述べたいと思います。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン...
MuleSoft

Validationモジュールを使用したチェックフロー

今回は入力チェックでよく使用するValidationモジュールの使い方について簡単に押さえておきたいと思いますい。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン・領域用途Is true指定された変数や数式がtrueであるかどうかを判定する...
MuleSoft

Batch Jobを使ってみよう

前回はBatch Jobについて、特徴をさらっとお伝えしました。今回は実際にフローに組み込んでどういう動作をするのか検証していきましょう。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン・領域用途Batch Jobバッチ処理を実行する領域で...
MuleSoft

MuleのBatch Jobについて

今回はMuleのバッチ処理について、簡単に説明します。実際のフロー作成は次回以降やります。 Batch Jobの仕組み MuleのBatch Jobは大量のデータを扱う処理に対して、負荷分散・処理時間軽減のために非同期で並列処理を行うための...
MuleSoft

Invoke apex soap methodを使用したApexクラス呼び出し

今回はSalesforceから公開されたREST APIを呼び出す方法について記載しました。今回はSOAP編になります。 今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン・領域用途Invoke apex soap methodSalesfor...
MuleSoft

Invoke apex rest methodを使用したApexクラス呼び出し

今回使うコンポーネント コンポーネントアイコン・領域用途Invoke apex rest methodSalesforceのREST Webサービスを呼び出す 今回の目的 Salesforce側でカスタムREST WebサービスをApexク...
MuleSoft

DataWeaveを使いこなす その5

DataWeaveを使いこなしてみよう第5弾。今回は関数を絡めた実装方法となります。 使い方 関数を定義して呼び出し TransformMessageなどのDataWeave内で関数を定義し、その場で呼び出す方法です、まずは、関数の定義とし...
MuleSoft

DataWeaveを使いこなす その4

使い方例 今回はDataWeave内で実施される分岐処理について書き方のポイントを押さえておきたいと思います。 if文による分岐 Dataweaveにはif文を使用した分岐処理を使用することができます。 if (条件式1) 値1 else ...
MuleSoft

DataWeaveを使いこなす その3

使い方例 今回は配列を使った操作でよく使うものをピックアップします。 配列の展開 map関数を使用して配列の内容を展開する書き方ができます。DataWeaveにはfor文がありませんので、配列の中身を見る場合にはmapを使用することになると...
MuleSoft

DataWeaveを使いこなす その2

前回に引き続きDataWeaveを使用した使い方例、まだまだありますのでどんどん使用例をあげていこうかと思います。 使い方例 ファイル読み込み readUrlを使用することで、ファイルからJSONなどのデータを取り込むことが可能になります。...
スポンサーリンク