認定ServiceCloudコンサルタント

スポンサーリンク
認定ServiceCloudコンサルタント

Service Cloudにおけるコールセンターシステム

コールセンターとしての役割は顧客とエージェント間で会話することによって、顧客が抱えている課題や困っていることを解決することが主な役割になります。 主に電話でのやりとりが中心となり、電話1本あれば、コールセンター自体は成り立ちます。 ただ...
認定ServiceCloudコンサルタント

Service Cloudにおけるアンケートの送信機能

アンケート機能について Service Cloudにはアンケート送信機能も備わっています。 単にケースを処理するだけでなく、顧客の意見を吸収することで、今後のサービス向上やマーケティング調査など様々な場面で場面で活かすことができます。 ...
認定ServiceCloudコンサルタント

Service Cloudにおける納入商品

納入商品とは 納入商品は顧客(取引先・取引先責任者)に納入された特定の商品のことを指します。 例えば、ノートパソコンを購入する場合、商品カタログなどに載っている情報が商品レコードに管理され、シリアル番号割り当てられた特定のノートパソコン...
認定ServiceCloudコンサルタント

ケース解決のためのナレッジ活用 3つの機能を覚えよう

ナレッジを活用したケース解決の手段としてテストに出るポイントが3点ありますので、押さえておきましょう。 ケースをクローズした時に記事を送信 コールセンター等で発生したケースにおいて、問題点や質問から解決方法までをケースに記録すること...
認定ServiceCloudコンサルタント

エンタイトルメント管理をもっと分かりやすく

前回はエンタイトルメント管理について、ざっと内容を記載しましたが、ややお堅い文章だったので、もっと噛み砕いて図を交えてどういうものかまとめました。 サポートを受ける前 Service Cloudにおいてサポートを受ける場合、見ず知らずの...
認定ServiceCloudコンサルタント

エンタイトルメント管理について

Service Cloud分野で頻出されるエンタイトルメント管理について。 色々なオブジェクトが絡んで覚えるべきポイントが多いので、各オブジェクトの役割について理解しておきましょう。 各オブジェクトの役割 Service Clou...
認定ServiceCloudコンサルタント

Chatterグループと公開グループ

公開グループとChatterグループの違い どちらのグループともSalesforceユーザを束ねるものとして使用します。 ロールを使用することで部署などを階層化することが可能ですが、公開グループは階層を跨いで複数のユーザやロールを含める...
認定ServiceCloudコンサルタント

自動レスポンスルールとワークフローメールアラートの違い

自動レスポンスルールとは ケース管理において、関係者への連絡機能は頻繁に利用されます。 自動レスポンスルールは、Webやメールなどからケースを登録した際に、ケースの登録者に対してメールレスポンスを送信する機能となります。メールの送信とい...
認定ServiceCloudコンサルタント

メール-to-ケースとオンデマンドメール-to-ケースの違い

Service Cloudコンサルタントの試験対策についてもちょっと触れようと思います。 これから徐々に試験に出やすいポイントを纏めていくので是非押さえておきましょう。 まず、初回のテーマとなるのはメール-to-ケースです。 Se...
スポンサーリンク