Saelsforce

スポンサーリンク
認定ServiceCloudコンサルタント

ケース解決のためのナレッジ活用 3つの機能を覚えよう

ナレッジを活用したケース解決の手段としてテストに出るポイントが3点ありますので、押さえておきましょう。 ケースをクローズした時に記事を送信 コールセンター等で発生したケースにおいて、問題点や質問から解決方法までをケースに記録すること...
認定ServiceCloudコンサルタント

エンタイトルメント管理をもっと分かりやすく

前回はエンタイトルメント管理について、ざっと内容を記載しましたが、ややお堅い文章だったので、もっと噛み砕いて図を交えてどういうものかまとめました。 サポートを受ける前 Service Cloudにおいてサポートを受ける場合、見ず知らずの...
認定ServiceCloudコンサルタント

エンタイトルメント管理について

Service Cloud分野で頻出されるエンタイトルメント管理について。 色々なオブジェクトが絡んで覚えるべきポイントが多いので、各オブジェクトの役割について理解しておきましょう。 各オブジェクトの役割 Service Clou...
認定ServiceCloudコンサルタント

Chatterグループと公開グループ

公開グループとChatterグループの違い どちらのグループともSalesforceユーザを束ねるものとして使用します。 ロールを使用することで部署などを階層化することが可能ですが、公開グループは階層を跨いで複数のユーザやロールを含める...
認定ServiceCloudコンサルタント

自動レスポンスルールとワークフローメールアラートの違い

自動レスポンスルールとは ケース管理において、関係者への連絡機能は頻繁に利用されます。 自動レスポンスルールは、Webやメールなどからケースを登録した際に、ケースの登録者に対してメールレスポンスを送信する機能となります。メールの送信とい...
認定ServiceCloudコンサルタント

メール-to-ケースとオンデマンドメール-to-ケースの違い

Service Cloudコンサルタントの試験対策についてもちょっと触れようと思います。 これから徐々に試験に出やすいポイントを纏めていくので是非押さえておきましょう。 まず、初回のテーマとなるのはメール-to-ケースです。 Se...
Einstein

Einsteinボット エンティティを使用した入力制限

Einstein ボットの作成もいよいよ大詰めになってきました。 ダイアログの扱いにはだいぶ慣れたので、今回はエンティティを使用してよりボットらしく仕上げていきましょう。 Einsteinボットにおけるエンティティとは エンティテ...
Einstein

Einsteinボットのダイアログ整理

Einstein ボットビルダーでロジックを組みところは前々回、前回でお伝えしました。 ダイアログを使ってルーチン化 今まではホームダイアログである「ようこそ」ダイアログでロジックを組んでいました。 今後もチャットボットを実装するにあ...
Einstein

Einsteinボットにロジックを組み込む〜ルールとアクション〜

前回はチャットボットにメッセージと質問を組み込みました。 今回は残りのルールとアクションについて、そして次のステップでの処理方法についての記事となります。 ルールを使って条件分岐する 今まではルートが1本道でしたが、「ルール」を使...
Einstein

Einsteinボットにロジックを組み込む〜メッセージと質問〜

前回はEinsteinボットの簡単な導入方法とプレビュー確認までを実施しました。 あのままの状態では貧弱なボットのままなので、もう少し会話ができるようロジックを組み込んでいこうと思います。 Einstein ボットビルダーでボットを構築...
スポンサーリンク