トレイルヘッド レンジャーになりました

レンジャーになりました

2018年11月に、僕もついにレンジャーになりました。
トレイルヘッド のレンジャーの証

と言っても、レスキュー隊みたいなものや、戦隊系とかの体を張る系ではなく、トレイルヘッドで100バッチ取得した者に与えられるランクのことです。
トレイルヘッドのランクはこのようになっているのですが、それの最高位に達したということです。

ランクバッチポイント
SCOUT00
HIKER1200
EXPLORER53,000
ADVENTURER109,000
MOUNTAINEER2518,000
EXPEDITIONER5035,000
RANGER10050,000

取得したバッチ

取得した100バッチは以下の通りです。

  • AppExchange App Strategy
  • Desk.com Process Automation
  • Desk.com Toolkit
  • Desk.com Organization
  • Outlook Integration
  • Salesforce Engage Basics
  • Salesforce Einstein Features
  • Large Data Volumes
  • AppExchange App Selling
  • European Union Privacy Law Basics
  • Accounts & Contacts for Lightning Experience
  • Einstein Discovery Classic Basics
  • Analytics Basics
  • Lightning Alternatives to JavaScript Buttons
  • Commerce Cloud Basics
  • AppExchange Partner Business Planning
  • Einstein Bots Basics
  • B2B Marketing Analytics Basics
  • Commerce Cloud Features
  • Account Data Strategies
  • Transaction Security
  • Google Analytics Reports & Dashboards
  • Data Security
  • Data Quality
  • Search Solution Basics
  • Mobile Analytics Exploration
  • CRM for Salesforce Classic
  • Service Cloud Essentials Basics
  • Desk.com Support Center
  • Company-Wide Org Settings
  • Platform Development Basics
  • Data Modeling
  • Data Management
  • Git and GitHub Basics
  • Atlassian Agile Basics
  • AppExchange Security Review
  • Developer Console Basics
  • Build a Battle Station App
  • Leads & Opportunities for Salesforce Classic
  • Analytics Apps Basics
  • Reports & Dashboards for Lightning Experience
  • Lightning Experience Customization
  • Lightning Component Tips & Gotchas
  • Lightning App Builder
  • Application Lifecycle Management
  • Identity for Customers
  • Platform Events Basics
  • Quick Start: Process Builder
  • Workflow Rule Migration
  • Change Management
  • Apex & .NET Basics
  • Salesforce Ecosystem
  • Platform App Builder Maintenance Certification (Summer ’18)
  • Platform Developer I Certification Maintenance (Summer ’18)
  • Administrator Certification Maintenance (Summer ’18)
  • Summer ‘18 Release Highlights
  • Visualforce Basics
  • Advanced Apex Specialist
  • Lightning Component Framework Specialist
  • AppExchange Partner Basics
  • App Upgrading for AppExchange
  • AppExchange Basics
  • Lightning Data Service Basics
  • Big Object Basics
  • Lightning Design System
  • Lightning Components Basics
  • Quick Start: Salesforce Connect
  • Data Integration Specialist
  • Inclusive Leadership Practices
  • Apex Specialist
  • Salesforce Technology Model
  • Salesforce Success Model
  • One-on-One Meetings
  • Salesforce Release Strategies
  • Lightning Experience Basics
  • Salesforce Cloud Benefits
  • Salesforce User Basics
  • Dreamforce Ready
  • Equality Ally Strategies
  • Diversity and Inclusion Strategies
  • Business Value of Equality
  • Desk.com Basics
  • User Management
  • Trailhead Playground Management
  • Accounts & Contacts for Salesforce Classic
  • Impact of Unconscious Bias
  • Apex Basics & Database
  • Salesforce Basics for Nonprofits
  • Trailhead Basics
  • Salesforce Connect
  • Lightning Experience Development
  • Formulas & Validations
  • Event Monitoring
  • Build a Conference Management App
  • Lightning Flow
  • Apex Integration Services
  • API Basics
  • Asynchronous Apex
  • Apex Testing
  • Apex Triggers

こちらがジャンル別のグラフ。
レンジャー取得時のスキル

レンジャーになるとSalesforceからこんなメールが送られます。

レンジャーを取得時に送られるメール
以下、メールの原文と訳(Google先生)

原文

Congratulations, Ranger!

You’ve climbed to the top of the Trailblazer Ranks. Not only are you an exceptional badge earner, but also you’ve accumulated a breadth of knowledge spanning the gamut of Salesforce skills. Do you know someone who could benefit from Trailhead? Send them our way!

翻訳(Google先生)

おめでとう、レンジャー!

あなたはトレイルブレイザーランクの上に登った。 例外的なバッジ受賞者であるばかりでなく、Salesforceのスキルを網羅する幅広い知識を蓄積しています。 Trailheadの恩恵を受ける人を知っていますか? 私たちの方法でそれらを送信してください!

ちなみに、「REACH THE SUMMIT!」というボタンを押しても、いつものトレイルヘッドの画面に飛ばされるだけでした。
トレイルから、他のチャレンジャーにナレッジを共有しましょうというニュアンスだと思います。

レンジャーまでの道のり

特にレンジャーを目指していた訳ではないのですが、認定上級デベロッパー取得の関係で、特定のスーパーバッチを獲得しなければならず、トレイルヘッドをはじめました。

プロフィールによると、Trailblazer になった日が2018/4/27ですから、約半年ちょっとで100バッチを取得したことになります。
そう考えると仕事をやりながら頑張った方なのかなと思います。

はじめはスーパーバッチ取得のため

当初は認定上級デベロッパー取得に必要なスーパーバッチを獲得するためにバッチを取得しました。
スーパーバッチというと、具体的には以下の4つ。

  • Advanced Apex Specialist
  • Lightning Component Framework Specialist
  • Data Integration Specialist
  • Apex Specialist

ただし、この4つがいきなりチャレンジできる訳ではなく、スーパーバッチ取得のために、いくつかのバッチをクリアしていないといけない(ApexやLightningの基礎レベル)ので、実際4つ揃った時には、バッチは結構な数になっていたと思います(40個くらい)。

次は開発系のバッチを消化

次は開発系のバッチを消化しました。Apex、VisualForce、カスタマイズ、DBあたりですね。
レベルとしては、初級〜中級くらいをメインにやっていました。
どちらかというと、復習の意味でこなしていました。
これで大体30個くらいを消化したと思います。

最後は簡単に終わるものを

残りの30くらいのバッチは、トレイルの中でも比較的取りやすいものを取得しました。
具体的には以下のモジュールに手をつけて、残りを消化したという感じです。

  • 初級レベル(ジャンルは問わない)
  • ハンズオンではなくテスト形式で答えるもの
  • 日本語のモジュール

正直、この辺はあまり自分がやっていることと関係ない分野も多かったんですが、テストはポイントが減らされますが、間違えてもOKなので気軽にやっていました。
ランクアップの条件にバッチ数とポイントがありますが、ポイントの方は比較的余裕があるので、特に気にする必要はないと思います。
事実、テストは結構間違えたんですが、それでもダブルスコアでした。
特にスーバーバッチはポイントをごっそり貰えます。

実際やってみて

実際100バッチ達成してみて、思ったほど辛くはなかったというのが感想です。
とりあえずスーパーバッチ取得という目標があって、あとは空き時間に色々こなしているうちにいつの間にか100になっていた感じです。
ただ、スーパーバッチが一番大変でした。
バッチはあくまでも質ではなく量なので、僕みたいに上級デベロッパー目的でなければ、スーパーバッチを捨てて、他のバッチ取得に切り替えればそこまで100バッチ達成は大変ではないかと思います。

Saelsforce
スポンサーリンク
エスパーラボ

コメント