スーパーバッジ攻略:Business Administration Specialist

スーパーバッジBusiness Administration Specialistの本文翻訳および対策メモです。

スポンサーリンク

本文翻訳

このスーパーバッジを獲得するために行うこと

  1. アカウントデータを消去してインポートする
  2. ユーザーを作成してアクセスを管理する
  3. 新しいマーケティングのニーズに対応するメールテンプレートを作成する
  4. 新しい製品タイプのUIツールを構成する
  5. レポートとダッシュボードを作成する
  6. Chatterツールの管理と適用

このスーパーバッジでテストされた概念

  • データのインポート
  • ユーザー権限と管理
  • メールテンプレート
  • UI構成
  • Lightning Experienceのレポートとダッシュボード
  • Chatterの機能

事前準備とメモ

ペンと紙をつかみます。要件を読みながら、メモを書き留めておくとよいでしょう。

  • このスーパーバッジ用に新しいTrailhead Playgroundを作成します。他の理由でこの組織を使用すると、チャレンジの検証時に問題が発生する可能性があります。
  • 管理されていないパッケージ(パッケージID 04t34000001IqqV)をインストールして、住宅用販売資産を実装します。 AppExchangeから管理対象または管理対象外のパッケージまたはアプリをインストールできない場合は、この記事の手順に従ってください。
  • このスーパーバッジで使用されている用語の一部は説明的なものであり、UIに表示される名前と一致しない場合があります。これは、Salesforce機能の知識をテストし、ビジネスニーズを満たすための正しい機能を見つけることです。

使用事例

Ursa Major Solar、Inc.は、太陽エネルギーのコンポーネントとシステムの成功したサプライヤーです。そして、宇宙と同じように、宇宙は拡大しています。米国の太陽エネルギー生産は、効率的で費用効果の高い太陽エネルギーシステムが大きな関心と採用をもたらしたため、2016年にはほぼ倍増しました。 Ursa Major Solarはユーティリティ市場で非常に成功しており、専任のレジデンシャルセールスチームを擁するホットな住宅市場に進出しています。チームのビジネススペシャリストとして、Salesforceをハミングし続けるために役立てられました。

新しく成長するチームのビジネススペシャリストとして、あなたは多くの帽子をかぶることになります。新しいチームメイトを追加します。マーケティングからのリクエストを処理して、チームをブランディングの要件に合わせます。レジデンシャルセールスチームの成功に役立つUIコンポーネントを追加して構成します。 Chatterでのコラボレーションのためにチームを設定します。あなたは楽しんでいる!

主な利害関係者

Chatterフィードには、さまざまな部門の住宅販売チームへのフィードバックが満載です。主な関係者は次のとおりです。

  • April Hansen(マーケティングマネージャー)
  • Gabriela Livingsto(販売業務)
  • Maria Jimenez(システム管理者)
  • Shinje Tashi(販売データ品質スペシャリスト)
  • Ada Balewa(製品サポートスペシャリスト)
  • Lincoln Ulrich(アカウントエグゼクティブ)
  • Lance Park(営業担当者)
  • Erin Donaghue(営業担当者)

標準オブジェクト

Ursa Major Solarはこれらの標準オブジェクトを使用します:

  • Account-Ursa Major Solarから購入するお客様
  • Contact-Ursa Major Solarの見込み顧客および既存の顧客の連絡先
  • Opportunity-顧客またはリードの潜在的な取引
  • Lead-見込み客または潜在的な機会
  • Case-お客様の問題をサポート

ビジネス要件

データ管理

April Hansenは、パイロットプロジェクトに参加した古い住宅顧客のデータベースからマーケティングチームが引き出したアカウントのリストを送信しました。データベースは、アーサメジャーソーラーがデータ品質基準のない若い矮星だったときに作成されました。このデータをクリーンアップしてからインポートする必要があるため、新しいチームはそれらの顧客に電話をかけることができます。

データ品質基準

アカウントの命名規則は、ユーザーが探しているものをすばやく見つけ、フィルターが適切に機能できるようにするために重要です。 Ursa Majorの管理者は、次のルールを設定しています。

  1. アカウント名はすべて大文字にする必要はありません。
  2. すべてのアカウントにはタイプが必要です。
  3. すべての請求先の国では、氏名を完全に入力する代わりに、2文字の州の略称を使用する必要があります。

住宅口座タイプを追加

Maria Jimenezは通常、選択リストフィールドに新しい値を追加しますが、彼女は今日ボランティア活動をしています。彼女は、アカウントオブジェクトのフィールドタイプに値「Residential」を追加するように依頼しました。

ユーザー管理

あなたはデータ品質のヒーローであり、重複を取り除き、太陽光発電のジェットパックを使用したwhiz-kidのようなコンプライアンス違反の記録を修正します。他のスーパーヒーローのように、あなたはチームでより強くなります。データの品質を維持することに重点を置くShinje Tashiと、Mariaから提供された以下のユーザーリストの残りを追加します。

注意

Trailhead Playgroundsでは、アクティブなSalesforceライセンスユーザーを1人だけ追加できます。このチャレンジを完了するには、ユーザーを作成して保存します。ユーザーをアクティブにしない場合は、[編集]を選択し、[アクティブ]の横のチェックを外してから、もう一度保存します。新しいユーザー用に入力したメールアドレスは、そのユーザーのユーザー名になるように自動入力されます。各ユーザー名はSalesforce内で一意である必要がありますが、メールアドレスの場合はそうではありません。このスーパーバッジについては、新しいユーザーのメールアドレスを入力してください。ユーザー名にメールアドレスが自動入力されたら、次の式に従って一意のユーザー名に置き換えます。

ユーザーのイニシャル+ユーザーの姓@イニシャル+今日の日付(6桁形式)+ example.com

例:abalewa@DK081517.example.comその一意のユーザー名をニックネームにもコピーします。

NameTitleDescriptionActive
Ada BalewaProduct Support Specialist製品サポート担当者は、有料アカウントなしでChatterの投稿とコメントを削除する機能を必要としています。Yes
Lincoln UlrichAccount Executiveこのアカウントエグゼクティブは、Standard UserプロファイルとCustomer Support, North Americaのロールを使用する必要があります。 Lincolnは自分のアカウントにマーケティングキャンペーンを設定して実行する必要があります。No
Lance ParkSales Representativeこの営業担当者はWestern Sales Teamに属しており、Custom: Sales Profileを使用する必要があります。Lanceはメキシコで育ち、スペイン語に堪能であるため、Salesforce UIをその言語で使用することを好みます(ただし、他のすべての人はSalesforceを英語で表示する必要があります)。No
Erin DonaghueSales Representativeこの営業担当者はEastern Sales Teamの一部であり、Custom: Sales Profileを使用する必要があります。No
Shinje TashiSales Data Quality Specialistこの販売データ品質スペシャリストは会社全体をサポートし、会社全体のすべてのアカウント、連絡先、および商談レコードを表示してアクセスできるロールを割り当てる必要があります。 Standard Userプロファイルを使用します。Yes

特別企画

Ursa Majorは、バイリンガルサービスプログラムを通じて、カスタマーサポートを改善し、リピーター率を高めるプログラムを試験的に実施しています。パイロットが成功した場合、Ursa Majorはバイリンガルのアカウントチーム、セールスチーム、サポートチームを採用する予定です。Maria Jimenezは、「Language Preference」選択リストフィールドをアカウントオブジェクトに追加しました。このパイロットでは、Shinje Tashiにプロファイルを変更せずに「Language Preference」フィールドへのアクセスを提供します。アクセス「Bilingual Pilot」を拡張するために作成するソリューションに名前を付けます。Lincoln、Lance、Erinを作成した後、この要件を完了するためにShinje Tashiをアクティブにします。

アカウントレポートとダッシュボード

フルレジデンシャルセールスチームがオンラインになる準備として、Gabrielaはチームと担当者のスコアボードダッシュボードとこれらのダッシュボードのバックグラウンドレポートを作成するように依頼します。セールスオペレーションチームは、これらのレポートとダッシュボードからの洞察を使用して、追加の機会と更新を提供する顧客を決定できます。

住宅レポート

Residential Reports」というフォルダーを作成し、そこにこれらのレポートを保存します。特に指示がない限り、すべてのアカウントのデータとすべての時間の作成日を表示するようにレポートを設定します。

Accounts by Market

まず、Gabrielaは、ユーティリティアカウントと新しくインポートされた住宅用アカウントとの間のアカウント業界の分布の内訳が必要です。勘定科目タイプを行(「Market」と呼ばれる)として要約し、勘定科目の格付けを列として要約するマトリックスレポート(「Accounts by Market」と呼ばれる)を作成します。Gabrielaは、次のアカウントタイプを使用することを望んでいます(他のすべてのタイプは「その他」として分類されます)。

  • Utility・・・種別が「Customer – Direct 」および「Customer – Channel」のアカウント
  • Residential・・・種別が「Residential」のアカウント

Gabrielaは、各アカウントタイプとアカウントレーティングのレコード数も必要です。詳細は表示しないでください。

High Value Residential

Gabrielaが要求する2番目のレポートは、セールスオペレーションチームが最も価値のある住宅用アカウントに注目するのに役立ちます。居住用口座のみを含める必要があります。

アカウント名でグループ化し、年間収益を要約(合計)する要約レポート(「High Value Residential」と呼ばれます)を作成します。

Rated Accounts by State

レジデンシャルセールスチームは、アーサマジョールの住宅事業が十分に成長するとすぐに、地域ごとにアカウントを分割する予定です。それまでは、どの州が最も評価の高いアカウントを持っているかを把握する必要があります。住宅販売チームにどの地域に重点を置くべきかについてより良いアイデアを提供するために、Gabrielaは、列に評価、行に請求州/都道府県の住宅口座のマトリックスレポート(「Rated Accounts by State)」と呼ばれる)を作成するように依頼します。彼女は、どの州が最も評価の高いアカウントを持っているかを知る必要があるだけなので、詳細を非表示にします。

状態とアカウントの評価にはレコードカウントが必要です。

Open Support Cases

アーサメジャーソーラーレジデンシャルセールスチームは顧客を愛し、サポート問題の解決を支援するよう努めています。転倒の問題が発生している町の家族であろうと、風になびいている緩いパネルのある砂漠で研究者であろうと、チームはここで支援します。最初に最も差し迫ったケースに焦点を当てるには、チームは、最初にアカウント名、次に優先度でグループ化されたすべてのアカウントの未解決のケースを示すレポートが必要です。

概要レポート(「Open Support Cases」と呼ばれます)を作成します。レポートには詳細が表示され、ケース所有者、件名、ケース理由のフィールドのみが含まれます。

住宅用ダッシュボード

ダッシュボードは、新しい住宅販売チームが、成長しているアカウントと注意が必要なアカウントを理解するのに役立ちます。利害関係者は2つのダッシュボードに関するいくつかのガイドラインを考え出しました。 「Residential Dashboards 」という名前のフォルダーを作成し、これらのダッシュボードをそこに保存します。

Team Scoreboard

高レベルのダッシュボードは、セールスリーダーが大きな決断を下すのに役立ちます。「Team Scoreboard」と呼ばれるこのダッシュボードには、居住しているアカウントの数の内訳、最高評価の居住用アカウントのリスト、および最も評価の高いアカウントのある州のビューが含まれています。セールスチームの優先順位付けを支援するには、これらの3つの強力なコンポーネントをチームスコアボードに含めます。

TitleSubtitleSource ReportChart Details
Account DistributionNumber of Accounts by Industry TypeAccounts by Market
  • Donut Chart
  • Sliced By: Market
  • Sort Rows By: Label Ascending
  • Max Values Displayed: 2
  • Chart size: 5 cells wide and 5 cells high
  • Positioned in upper left
Top AccountsTop 10 High Value Residential AccountsHigh Value Residential
  • Lightning Table
  • Sort Columns By: Value Descending
  • Max Values Displayed: 10
  • Chart size: 4 cells wide and 5 cells high
  • Positioned in upper right
Ratings by StateRated Distribution of Accounts by StateRated Accounts by State
  • Stacked Vertical Bar Chart
  • Max Values Displayed: 15
  • Chart size: 9 cells wide and 3 cells high
  • Positioned below other components
Rep Scoreboard

「チーム」には「私」はありませんが、「個人の責任」には6つあります。 このダッシュボードは「Rep Scoreboard」と呼ばれ、高価値のアカウントのリスト、州ごとの評価分布、未解決のサポートケースのリストが含まれています。 このダッシュボードを表示しているユーザーは、これらの3つのコンポーネントのデータのみを表示する必要があります。

TitleSubtitleSource ReportChart Details
My Top AccountsTop 5 High Value Residential AccountsHigh Value Residential
  • Lightning Table
  • Sort Columns By: Value Descending
  • Max Values Displayed: 5
  • Chart size: 4 cells wide and 3 cells high
  • Positioned in upper left
Open Support CasesMy Customers’ Open Support CasesOpen Support Cases
  • Lightning Table
  • Max Values Displayed: 15
  • Sort Columns By: Value Descending
  • Chart size: 5 cells wide and 7 cells high
  • Positioned on right
My Accounts by StateDistribution of My Accounts by StateRated Accounts by State
  • Stacked Vertical Bar Chart
  • Max Values Displayed: 10
  • Chart size: 4 cells wide and 4 cells high
  • Positioned in lower left

マーケティング義務

Ursa Major Solarは、Sita Nagappan-Alvarezと夫のRobertoが1996年に会社を設立して以来、誇り高いブランドを築いてきました。使命は変わっていませんが、会社の戦略とロゴは長年にわたって進化しています。 4月とマーケティングチームは、レジデンシャルセールスチームの電子メール通信に関する現在のグラフィックとメッセージングの要件を送信しました。 メール署名を設定し、チームが事前設定された2つのメールを設定して、潜在的および現在の顧客の受信トレイを照らします。

メールの署名

Email SignatureResidential Sales Team
Ursa Major Solar, Inc.
We take a bite out of your energy bill.

レターヘッドとウェルカムメール

Letterhead NameResidential Sales Letterhead
Letterhead Header LogoUrsa Major Solar Logo from the Branding folder
Letterhead Top Line, Middle Line, and Bottom Line Color106935
Preconfigured Email NameResidential Sales Welcome Email
Preconfigured Email SubjectWelcome from Ursa Major Solar!
Preconfigured Email CopyHey there [contact name merge field],
Did you know enough sunlight hits the earth in one hour to power the entire world economy for a year?
Did you know solar energy growth doubled last year?
Do you know why the electron crossed the road?
Contact your Ursa Major Solar Residential Sales Team to learn how you can save money on your monthly power bill while saving the planet!
Preconfigured Email Storage LocationResidential Sales Emails
Email Accessすべてのユーザーは、メールを送信する前に、メールを使用およびカスタマイズするアクセス権を持つ必要がありますが、基本バージョンを変更するアクセス権を持つべきではありません。

標準連絡メール

LetterheadResidential Sales Letterhead
Preconfigured Email NameResidential Sales Correspondence
Preconfigured Email Subject**REPLACE WITH YOUR SUBJECT**
Preconfigured Email CopyHello [contact name merge field],
Preconfigured Email Storage LocationResidential Sales Emails

プラットフォーム機能

あなたは110vと220vのコンセントを同じように扱いません(または花火ショーの危険を冒します!)。また、Ursa Major Solarは、住宅事業を公共事業とは異なる方法で処理します。 住宅の顧客は、地域の公益事業とは異なる優先順位、設備、設置プロセス、およびスケジュールを持っているため、独自のビジネスアプローチが理にかなっています。 レジデンシャルセールスチームは、重点を置く顧客情報のサブセット、Opportunityオブジェクトに基づいて構築された特定のビジネスライフサイクル、および機会がレジデンシャルかユーティリティかを区別する方法が必要です。

Business Lifecycle NameResidential Opportunities
Business Lifecycle StagesProspecting
Value Proposition
Proposal/Price Quote
Negotiation/Review
Closed Won
Closed Lost
Customer information page nameResidential Opportunity Page
Customer information to displaySame as Utility Opportunity Page but without:

  • Lead Source
  • Primary Campaign Source
  • Delivery/Installation Status
  • Main Competitor(s)
  • Current Generator(s)

And adding:

  • Quantity
Compact customer information label (name autopopulates)Residential Opportunity Compact View
Customer information on compact viewAccount Name
Probability
Stage
Amount
Record Variety Label (name autopopulates)Residential Opportunity
Record Variety DescriptionFor residential sales opportunities requiring that special Residential Sales touch
Record Variety Settings選択して、作成した商談セールスプロセスのビジネスライフサイクルおよびResidential Opportunity Pageを使用します。
Profiles with access to Residential Opportunity record varietyCustom: Sales Profile and System Administrator

コラボレーション

レジデンシャルセールスチームは立ち上がっていますが、製品に関する質問がたくさんあります。ソーラーパネルパズルの解決を支援する製品サポートスペシャリストがいますが、より広範な組織から保護されているチームのメンバー間の質問や会話のフォーラムはありません。このチームには、価格設定戦略、製品の回避策、ジョークのような機密性の高いトピックについて話し合うための独自のコラボレーションスペースが必要です。

  1. このスペースに「Residential Sales Product Collaboration」という名前を付けます。
  2. コラボレーションを促進すると思われるスペースに写真を割り当てます。
  3. Ada Balewaに、投稿とコメントを削除し、レジデンシャルセールスチームの製品コラボレーションスペースの新しいメンバーを承認する権限を与えます。
  4. 質問を投稿できるようにShinje Tashiを追加します。ただし、メンバーを承認したり、他のユーザーの投稿を削除したりするためのアクセス権はありません。
  5. スペース内にいるかどうかに関係なく、すべてのユーザーに表示されるメッセージを提供します。「This collaboration space is for Residential Sales team members to ask product questions of one another and the Product Support Specialist team.」
  6. このスペースへのアクセス権を持つユーザーの場合、追加情報を提供します。「As a reminder, monthly webinars with the Product Support Specialist team are on the second Tuesday at 3:00 PM MT. Ask Lincoln Ulrich for the invite. For more information about using Salesforce, check out the Trailhead CRM Basics module.」
  7. コラボレーションスペース内で、チームが住宅市場の製品に精通していることを示す多肢選択式の投稿を作成します。 「Which product are you most comfortable selling?」という質問を使用します。オプション「Home Array」, 「Home Battery」, 「Home Starter Kit」, and 「Home Starter Kit Deluxe」。
  8. コラボレーションスペース内で、メンション@Ada Balewaと書き、「Thank you so much for helping the team out like this. Without your brains, we couldn’t shine so brightly!」

このスーパーバッジに取り組む準備はできましたか?

チャレンジ

以下がハンズオンチャレンジの設問翻訳になります。
赤字はチャレンジに対するヒント・解法になります。

1.データを修正してインポートする

まだ行っていない場合は、準備作業からアンマネージパッケージをインストールし、レジデンシャルアカウントタイプを追加します。インポートする前に、April Hansenのアカウントデータをデータ品質基準に準拠させます。

アンマネージドパッケージインストール
取引先の種別に「Residential」を追加
データクレンジング
・アカウント名の修正(大文字のものを修正)
・Billing State/Provinceの修正(英語2文字に修正)
・Typeに値を設定(全てResidentialを指定)
・重複データの削除
CSVインポート(インポートウィザードを使用)

2.ユーザーを作成する

説明されているビジネス目標を達成するために、Mariaが名前、役割、ユーザーライセンス、プロファイル、およびロケールとともに送信したユーザーのリストを追加します。 Shinjeに言語設定フィールドへのアクセスを提供するソリューションを作成して割り当てます。

ユーザの作成を表に従って設定するだけかと思いきや、色々なところで落とし穴がありました。

Adaユーザは先にSalesforceライセンスとかで割り当ててしまうと、Chatterライセンスにダウングレードできないので、は新規作成時に割り当てしないと、割り当てができないので注意。

それでも「The license and profile are set incorrectly for Ada Balewa.」というエラーが発生
→ライセンスは正しいはずなのに、どハマりしました。
組織のデフォルトのロケールとデフォルトの言語を英語に変更すると解決しました。
組織の言語設定

Lincolnは自分のアカウントにマーケティングキャンペーンを設定して実行する必要があります。

Lanceは言語をスペイン語に設定する必要がありますが、ただのスペイン語ではないことに注意!

ロールは明記されていませんが、全データアクセス可能というヒントがあるため、設定するロールも必然的に決まります。

Trailhead Playground環境は有効にできるSalesforceライセンスは2つだけなので、ライセンス割り当てにはユーザの無効化が必要です。
まぁこれは表に従って設定してしまえばいいでしょう。

最後のユーザは権限セットを作成します。
特に難しいことはなく、記載内容に見落としがなければ設定できるかと。

3.レポートとダッシュボードを作成する

4つのレポート、2つのダッシュボード、および保管場所を作成して、住宅販売チームがアカウントの価値をよりよく理解できるようにします。課題を確認する直前に、両方のダッシュボードを更新してください。

Accounts by Marketレポートではバケット列を使用します。
Open Support Casesレポートのフィルター条件はStatus項目を使用する。(Openを使うとエラーになる)
Rep ScoreboardダッシュボードはダッシュボードのViewerの設定も必要。目立たない場所なので注意。
あとは、記載に従えば特に問題はありませんでした。

4.再利用可能なメールを設定する

電子メールの署名を構成し、レターヘッド、2つの構成済み電子メール、および住宅販売チームが自己紹介するための保管場所を作成します。

このあたりを対応すればOK。特に難しいところはありません。
・メール署名の設定(ユーザごとの設定だがシステム管理者でOK)
・レターヘッドの作成(Classic Letterheadsから作成)
・Preconfigured Email Storage Locationはメールテンプレートのフォルダをさします
メールテンプレートのフォルダは目立たない場所にあるが、Classic Email Templates
から作成可能
・メールテンプレートはレターヘッドを使用するため、HTMLとなる
・Email LayoutはFree Form Letterを使用(他は試していませんがこれでOKでした)

レターヘッドのプレビューはこんな感じになります。
レターヘッドのプレビュー

5.ビジネスプロセスを構築する

新しいビジネスライフサイクル、顧客情報ページ、コンパクトな顧客情報ビュー、さまざまな記録を構築して、住宅販売チームが独自のビジネスニーズに集中できるようにします。

ちょっと言い回しこそ変えていますが、要はレコードタイプ近辺の設定追加になります。
・セールスプロセス「Residential Opportunities」の設定
・Opportunityのページレイアウト「Residential Opportunity Page」の作成(Utility Opportunity Pageをベースに作ると早い)
・コンパクトレイアウト「Residential Opportunity Compact View」の作成
・Opportunityのレコードタイプ「Residential Opportunity」の作成

6.コラボレーションのためのスペースを構築する

ビジネスニーズに基づいてコラボレーションスペースを作成および構成します。コラボレーション機能を使用して、2つの説明された投稿を作成します。

コラボレーションスペース=Chatterグループのこと。
「Residential Sales Product Collaboration」というChatterグループを作成してあとは記載通りに割り当てや投稿を実施すればOK。

Saelsforce
スポンサーリンク
エスパーラボ

コメント