地元色の強い商業施設 かわまちてらす閖上に行きました

先日、帰省のタイミングで、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)にある、かわまちてらす閖上に行ってきました。

かわまちてらす閖上|宮城県名取市
東日本大震災で大きな被害を受けた名取市閖上地区。地元事業者と応援者によってまちづくり会社を設立し、閖上の商業の再建を果たすべく立ち上がりました。かわまちてらす閖上は2019年4月にオープンします。生まれ変わった閖上のまちを照らし、川辺の憩いのテラスとなるよう願っています。

この閖上地区というのは、東日本大震災で津波の被害を大きく受けたところで、家なども流されて、荒地・瓦礫だらけだったところを復興して名取川河口に作られた施設です。

10連休の序盤に行きました。
外観はこのような感じで、仮設住宅を店舗にしたような集まりです。
名取川河口にあるかわまちてらす閖上
一言で言えば、アウトレットモールの縮小版のようなイメージ。

ただ、アウトレットと異なるところは、地元色が強いこと。

大抵、ショッピングモールやアウトレットモールへ行くと、スタバやマックなどのチェーン店が結構集まっていますよね。

かわまちてらす閖上はお店自体は25店舗くらいなんですが、有名なチェーン店は入っておらず、地元の名産を売っていたり、地元で有名店だったりとオンリーワンの商業施設となっています。
名取市に東北最大級レベルのショッピングモールがあり、そこと比べるとスケールは全然違うんですが、地方を味わうなら断然こっちです。

何店かスイーツ店もあったので、実際に食べてきました。
その様子は別途掲載しますね。

スイーツ以外では、笹蒲鉾を焼いたりもしました。
佐々直の笹かま焼き体験

こちらが、焼いた笹蒲鉾。
お店の人に上手いと言われました♪
焼いた笹かまは予想以上に美味しかったです。
こんがりといい感じな焼き具合の笹蒲鉾

仙台麩を使った、フレンチトースト(麩レンチトースト?)の試食もありました。
試食レベルでこれは贅沢!
試食で食べた仙台麩フレンチトースト

仙台麩だけあって噛みごたえがあり、麩らしく味がしみこみやすいので、噛むほどに卵や蜂蜜の味がしっかりします。
大豆油を使用しているためか、大豆の味も残っており、豆乳を浸したような感じでした。

パンで作るフレンチトーストとは別メニューとして考えた方がいいでしょう。
でも、美味しい!
味噌汁以外の使い道を見出すとは、考えた人天才です!

そのほかに、魚屋や八百屋、ラーメン屋、さらには駄菓子屋など、観光施設でありながらも、近隣住民が利用しやすいような施設もあったりして、本気で復興を目指しているのが感じ取れます。
特に、店員さんの熱意がすごいです
どの店員さんも、とっても気さくに話しかけてくれますし、復興への強い想いも感じます。

スケールこそ小さいものの、スイーツも何種類かあり、十分楽しめました!
とっても活気に溢れていたので、復興どころか、震災前よりもパワーアップしているようでした。
仙台空港からも近いので、機会があったら是非立ち寄ってみてください。

体験記
スポンサーリンク
エスパーラボ

コメント