小粒でオシャレ! ホットな飲み物 仙台土産玉澤の九重(ここのえ)

仙台土産の中で、個人的には好きだけどイマイチまだ全国的に知られていないモノを紹介します。

スポンサーリンク

九重本舗玉澤の九重

仙台名物といえば、牛タン・ずんだ・笹かま・萩の月あたりがメジャーどころですが、個人的に推したいのは九重本舗玉澤の九重(ここのえ)です。

九重本舗玉澤
宮城県仙台市所在の九重本舗玉澤の公式ウェブサイトです。霜ばしら等の和菓子の製造・販売を行っております。

ちなみに、仙台には玉澤総本店という和菓子屋もありますが、こちらとは別ですのでお間違えのないように。

杜の菓匠 玉澤総本店 | 杜の菓匠 玉澤総本店
玉澤総本店は、東北の玄関口である仙台に複数の店舗を構え、仙台を代表する老舗の和菓子店です。地元仙台のみなさまが誇れるお店であるよう努めて参ります。そして、県外の方に「これは仙台の代表的なお菓子ですよ」と贈れるお菓子をつくっていきたいと思います。

仙台駅エスパルにあるお土産店で購入。

九重は全部で3種類

このように、ゆず、ブドウ、抹茶の3種類の味がセットであったりバラで売っていますが、ゆずとブドウを購入。

オススメはゆずとぶどう

色とりどりの粒々が綺麗な九重

この九重の特徴といえば、粒々の餅米入り砂糖と華やかな見た目。
ゆずの黄色、ブドウの紫、抹茶の緑とどれも色濃く出ているので、飾りにも使うことができます。

飲み方は、このように粒々をコップの底が埋まるくらいまで入れて、
まずは九重を入れて

お湯を入れると、粒々が浮き上がってきます。
お湯が色づきつつ、粒が浮き上がってくる光景は逆さから雪が降っているようです。

濃いめが好きな人は入れる量を気持ち増やした方がいいかもしれません。
お湯を入れると粒が浮いていきます

あとは、粒々がほぼ溶け出したら飲むだけです。
体の芯からあったまり、甘くて美味しいです。

ブドウは酸味が効いておりゆずは風味豊かで一番甘さが引き立っています
抹茶はちょっと苦味があって大人好みの味ですね

個人的にはやっぱりゆずが一番ですかね!

使いかた色々

九重はお湯で割って飲むだけでなく、色々な使い方ができます。

ホットミルクや紅茶に加えて、ちょい足しするのも良し。
アイスクリームなどに加えて、見た目を華やかにしつつ甘さを加えるのもアリです。
粒々自体の甘さも濃いので、そのまま食べるのもアリです。

こちらが、玉澤さんのおすすめの飲み方。
九重の飲み方いろいろ

炭酸水や梅酒など大人の飲み方も良さそうです。
量も自分で調整できるので、その日の気分に合わせて、甘めにしたり、味を変えてみたりとカスタマイズできます。

仙台土産としてはメジャーではないんですが、こんなにオシャレで美味しいお土産もあることを皆さんに知って欲しかったので紹介しました。
仙台に立ち寄った際、または配送も受け付けているので、興味がある方は購入してみてください。

コメント