大和から世界へ!有名パティシェが織りなす珠玉のスイーツ メゾンジブレー

最近田園都市線巡りが多いかな。
でも、これは是非オススメしたい正統派ケーキ屋さんです。

スポンサーリンク

世界を制したパティシエの店

今回行ってきたお店は、田園都市線の終点である中央林間にあるMAISON GIVRÉE(メゾンジブレー)。
中央林間は小田急江ノ島線も通っているので、いろんな方面から行きやすいですね。

MAISON GIVREE|メゾンジブレー
店舗案内:神奈川県大和市中央林間4-27-18 __ OPEN10:30〜19:00 月曜定休(火曜不定休)。 シェフ江森宏之の創り出すアントルメグラッセ(アイスケーキ)の通信販売サイトもご利用ください。

前から行きたいと思っていたんですが、ようやく行ってきました!
神奈川県大和市にあるこのお店、実は2015年にミラノ万博世界チャンピオンで優勝した江森宏之さんのお店なんです!

もう一度言います!
2015年にミラノ万博世界チャンピオンで優勝した江森宏之さんのお店です!

まさに大和から世界へを体現した人です!
(この大和は日本と大和市の両方がかかっています。。。)

世界を制したパティシエの店

お店は中央林間から徒歩5分。
普通に徒歩圏内なのも嬉しいです!

駐車場もあったので、車でも行きやすいと思います。

クリスマス前の開店直後に行ってきました!
中央林間から徒歩5分のグランジブレー

こちらが看板、イメージカラーは黄色みたいです。
グランジブレーの黄色い看板

やっぱ一流店は看板にも力を入れてるんですね。
めちゃくちゃ絵が上手いです!見習わなければ。
手書きの看板から美味しそう

開店直後だというのにすでに人だかり!
店内は人でいっぱい

内装にもこだわっているようで、こちらがお菓子の家。
心にゆとりがないとできないヤツですな。
内装のお菓子の家

クリスマス前ということもあり、クリスマスギフトもいろいろありました。
メゾンジブレーのクリスマスギフト

いいケーキ屋さんのバロメーター(?)、ジャムやジュースもあります。
ジャムやジュース

こちらがケーキ。
やはり、世界を制したパティシエは見た目にも拘っているのが分かります!
飾り付けの豪華さだけでなく、とても立体的に作っているのが特徴。
グランジブレーのケーキ

こちらも目玉商品であるジェラート。
果肉たっぷりでこちらも絶品だそうです。
果肉たっぷりにフルーツジェラート

焼き菓子のセットを購入

今回は焼き菓子を購入。
クリスマスverです。
焼き菓子のクリスマスセット

本当はケーキやジェラートを購入したかったけど、持ち運びが長かったので断念…。
次こそは!

ミエル

メゾンジブレーのミエル

アーモンドがふんだんに敷き詰めたお菓子。
生地のバター感とアーモンドが香ばしさを与え、キャラメルの甘さが絶妙にマッチします。
最初はアーモンドがカリッとするが、途中からキャラメルが一体となって不思議な食感になりますが、不快感はなく、むしろそれがやみつきになってきます。

ダックワーズ

メゾンジブレーのダックワーズ

表面カリッとしながらも、生地はとても柔らかい。
中はキャラメルのようなクリームでほろ苦さがあり、生地の砂糖が舌の上で溶けていく徐々に甘みが増していく感じがたまりません!

こういう名前の楽天の助っ人いたような(笑)

フィナンシェ

メゾンジブレーのフィナンシェ
とても甘く濃厚なお菓子。
卵とバターの味がとてもよく生かされていて、口全体に風味が浸透します。

バターカステラ

メゾンジブレーのバターカステラ

かなり表面が禿げちゃいました…申し訳ない( .. )!

口に入れた瞬間からバターの風味が広がり、爽やかな後味が感じられます。
こういう類は口が乾いてしまいがちなんですが、とてもしっとりしているので、飲み物なしでも全然イケて、口全体に甘さが広がります。

マドレーヌ

メゾンジブレーのマドレーヌ

生地はいい感じの硬さで、ほろほろになることなく、噛みごたえがあります。
ほのかにハチミツとレモンがするため後味がよく、口の中に風味が広がり美味しいです。

まだまだ魅力を伝えきれていません

今回は焼き菓子の購入のみにとどまったため、失礼ながらメニューとしてはやや地味め。
このお店の魅力を全然伝えきれていません(泣)。

ケーキもジェラートも絶品らしいので、定期的に足を運んで追加食リポしたいと思います。

ネット予約もできますので、気になった方はこちらをチェック!
↓甘みと酸味の絶妙なバランスが病みつき!メゾンジブレー定番商品「フリッソンルージュ」↓
甘みと酸味の絶妙なバランスが病みつき!メゾンジブレー定番商品「フリッソンルージュ」

南町田にもあります

世界を制したグランジブレーは同じ田園都市線の南町田にもあります。
南町田といえば、南町田グランベリーパーク。

メゾンジブレー2号店は、数ある店舗の中でも改札のすぐそばという好立地!
スタバやレモネード専門店を押し退けて、改札からもっとも近い位置にあります。

どのくらい近いかというと、改札出て徒歩10秒ほど!
歩数でいうと、20〜30歩の劇近!

まさに、田園都市線の門番!

こちらがグランベリーパークにある2号店。
イートインスペースはありませんが、店内は広めです。
メゾンジブレー2号店

2号店はグランベリーパークにちなんだオリジナルメニューもあるので、立ち寄る価値アリですよ!
2号店のオリジナルメニューもあり

ジェラート食べに再度来店

ここから追記になります。

前回は冬場ということもあり、ジェラートの季節ではなかったので、初夏のとある日、また行ってきました。

ジェラートは普通のアイスクリーム店のようないろんなフレーバが並んでいます。
かなり色華やかで、聞きなれない味が多いので全部食べてみたくなりました。

メゾンジブレーのジェラート

メゾンジブレーのジェラート

メゾンジブレーのジェラート

味にもよりますが、1カップ500円前後なので、ちょっと高めかな。
その分、高級感あるフレーバーが多いので、プチ贅沢としてぴったりなスイーツです。

今回は3つのフレーバーをチョイスしました。
正直どれにするか迷ったので、店員さんにもオススメを聞いて選びました。
ジェラートの3つのフレーバー

ピニャコラーダ

まずは聞き慣れない謎のアイス、ピニャコラーダ。
ジェラート ピニャコラーダ

どういうジェラートかというと、Wikiによると、

ピニャ・コラーダ(スペイン語: Piña Colada)はカクテルの1種。ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作るロングドリンク。黄白色で甘みが強い。 Piña Coladaは、スペイン語で「うらごししたパイナップル」の意味。

だそうです。

つまりパイナップルを使ったジェラートです。

実際に食べてみると、南国風味が強いフレーバーで、パイナップルの旨味が全面的に出ており濃厚な仕上がりになっています。
ライムも効いているので後味も大変すっきりしており、食べやすいです。
本当にカクテルを感じる味でどちらかというと大人が好む味ではないでしょうか。
店員さんに勧められていないと出会わない味でした、ありがとうございます!

日向夏

お次は柑橘系の日向夏。
ジェラート 日向夏

色合いとしては、ピニャコラーダに似ていますがこちらはちょっと薄め。

柑橘特有の甘い香りが鼻に抜け、爽やかでクールな味です。
適度な甘さと適度な苦味が合わさって、とてもバランスの取れた味ですね。
ピニャコラーダが夜のスイーツとするならば、夏の昼下がりにぴったりな味だと思います。

イチゴパッションフルーツ

最後は情熱的フレーバーのイチゴパッションフルーツ。
ジェラート イチゴパッションフルーツ

燃えるような赤さが特徴的なジェラートです。

パッチョンフルーツはあまり口にする機会がなかったのですが、いちごの酸味の他にもトマトっぽさもあり、全体に濃厚さを感じるフレーバーでした。
種も入っており、本当にいちごを食べているような気分になります。
味の濃さは結構あるため、疲れたときとかに食べたいジェラートです。

結論:いつ行っても美味しい

今回新たにジェラートを食べましたが、やはり一流店のジェラートは期待通りだなと。

メゾンジブレーはケーキ・焼き菓子・ジェラートともに美味しいだけでなく、見た目もとても鮮やかでとても拘りが見えるところだったので、年間通して楽しむことができますよ。

コメント