DocuSign × Salesforceを使ってみよう~インストール編~

スポンサーリンク

用意するもの

  • Salesforceライセンス(システム管理者相当)
  • DocuSignアカウント

DocuSignアカウントの作成は後述します。
今回は開発用のデモ版で作成しています。

参考:DocuSign for Salesforceを使ってみよう — 1. 環境構築編

DocuSignアカウントの作成

こちらのサイトからデモサンドボックスの環境を作成します。
CREATE SANDBOXからデモ版DocuSignを作成

メールアドレスなど必要事項を入力します。
DocuSignアカウント情報の記入

登録すると、入力したメールアドレスにメールが送信されます。
そこから「Activate」で有効化しましょう。
メールからDocuSign組織をアクティベートする

パスワードの初期設定をして、「アクティブ化」。
パスワードを初期化してアクティブ化

これでDocuSignへログインが可能です。
デフォルトだと、言語がEnglishになっているので、右上のユーザアイコンにある「My Preferences」から、
DocuSign設定変更

[Regional Settings]のLanguageを「日本語」に変更しましょう。
ついでに、日付のフォーマットも海外仕様になっているので直しておきましょう。
DocuSignの言語と日付表記の設定

DocuSignのアカウントとパスワードは後ほどSalesforceとの連携で使用します。
控えておきましょう。

AppExchangeのインストール

システム管理者でログインして、AppExchangeから「DocuSign eSignature for Salesforce」をインストールします。
DocuSign eSignature for Salesforceのインストール
インストールが完了すると、「DocuSign eSignature」というアプリケーションが作成されます。
ここでDocuSignに関する設定をします。
DocuSignのアプリケーション

SalesforceとDocuSignの連携

双方の環境で接続する準備が整ったため、あとは接続設定をします。
接続はSalesforce側から行います。

先ほどの「DocuSign eSignature」アプリケーションを選択し、「DocuSign管理」タブを選択。
左側の「DocuSignアカウントへのログイン」の方を使用します。
先ほど作成したDocuSignにアカウントとパスワードを入力します。
DocuSignはデモ版を作成したため、環境は「デモ」を選択します。
DocuSignアカウントへのログイン

次になぜかSalesforceアカウントの入力を求められます(DocuSignアカウント=Salesforce管理者とは限らないから?)。
DocuSignのアカウントに対応するSalesforceユーザのアカウント情報を入力しましょう。
「DocuSignとの通信に必要なリモートサイトとネットワークアクセスを追加することに同意します。」にはチェックを入れておきます。
Salesforceユーザの入力

おっと、エラーが出ました。
リモートサイト未指定のためエラー

リモートサイトに以下URLを追加せよとのことなので、指示に従い、リモートサイトに追加します。
下線のURL部分をリモートサイトに追加してください。

IO Exception: Unauthorized endpoint, please check Setup->Security->Remote site settings. endpoint = https://ap17.salesforce.com/services/Soap/m/48.0

リモートサイトの設定でURL追加

このような画面なれば連携が成功です。
DocuSignとの接続が成功した時の画面

次回は実際に文書を作成して署名するところまでを作成しましょう。

Saelsforce
スポンサーリンク
エスパーラボ

コメント